仕組みやサービス内容を調べてから申し込もう

サイトメニュー

照射系のプチ整形で若返り

手術道具

シワやたるみをメスを使わずに改善

大人の街として知られている東京の銀座には、大人の女性に向けた美容整形を行う美容整形外科クリニックが数多くあります。大人女性に特化した美容整形といえば、シワやたるみを取るものが主流ですが銀座の美容整形外科クリニックでは、メスを使う美容整形か使わない美容医療か選べるようになっています。まずはお試しでアンチエイジング効果のある施術を受けてみたい、いきなり顔にメスを入れるのには抵抗を感じるという人は、照射系の美容医療からチャレンジしてみてはいかがでしょう。照射系の美容医療にはサーマクールやウルセラ、フラクショナルレーザーなど高周波や超音波、レーザーを当てる方法が一般的です。これら照射系の美容医療はコラーゲンの生成量を増やして、シワやたるみを改善するという効果が期待できます。メスで肌を切らない、薬剤も注入しないので負担が少なく美容整形外科クリニックに行ったことが無いという人でも、始めやすいようです。シワやたるみが気になり始めたら、まずは照射系の美容医療からアンチエイジングケアを始めるのがおすすめです。

美容整形外科クリニックで受けられる照射系の美容医療は、傷跡が残るなどのリスクが少ない・ダウンタイムの心配がほぼ無いということもあり、銀座マダムにも人気です。ただ、リスクが少ないからといって何も注意する必要はない訳ではないため、施術を受ける際は気を付けなければいけないポイントを、事前に確認しておく必要があります。サーマクールやウルセラ、レーザーといった照射系の美容医療の場合、肌質などによって施術後に肌の赤みが出るケースがあります。肌が赤くなってしまうのは一過性のもので、通常は数時間程度すれば自然と消えて行くので安心しましょう。ただし、銀座という街を赤い顔で歩くのは気が引けるという人が多いので、気になる場合はサングラスや帽子でできるだけ顔を隠して美容整形外科クリニックから帰宅するのがおすすめです。また、照射系の美容医療によっては施術後すぐにお化粧することができるという施術法もあるので、赤みをカバーしたいのであれば、術後すぐにメイクできる方法を選ぶと良いでしょう。